topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「リメ鉢の製作方法その1 盛り上げ法」 - 2012.04.10 Tue

こんにちは

今日は「リメ鉢製作方法」の紹介です。

ロハスが終わってから紹介しようと思ってましたがー!?

みなさん待ちきれないみたいで。

「リメ鉢製作歩法その1 盛り上げ方」

「リメ鉢製作歩法その2 浮き出し方」

の、二段構えで進めていきます。



用意する物

DSC00786.jpg

できるだけ百均で手に入る物を揃えましたが、
揃わないものはHCで購入して下さい。
・・・・・・・・・・
★<百均で揃う物
☆<HCで揃う物
〇<自宅に転がってる物
・・・・・・・・・・

★石灰
★タイル目地用セメント 白
★木柄パレット 先丸タイプ <新しいものは刃がざらついているのでサンドペーパーで滑らかにしておく
☆3号素焼き鉢
☆金具とナット <HCで購入。金具にはナットは1個しかついて無いので、ナットを追加購入する 
〇洗剤に付いてる計量カップ 
★プラスティックカップ

DSC00779.jpg

DSC00919.jpg

このように金具の穴に入るS字フック

DSC00788.jpg

★アクリルカラー(水性)  
☆水性塗料 D2オリジナル 私はこの塗料が基本です。艶消しで他の色とブレンドしたりします。
★耐水ペーパー600番ぐらい(前後してもOK)

バケツ 水 濡れぞうきん

以上の物を揃え、準備して下さい。

    




    では、始めます。(長くなるので お先に済ませて下さい)




DSC00785.jpg

バケツに3号鉢を入れ、全部浸かるぐらいまで水をはる。
(画像では水が少ないです・・・)
約1時間ぐらい浸け置きにします。

浸け置きが短いとセメントが剥がれたりします。
(上級者コースになるとそんなテクも使いますが)


DSC00791.jpg

1時間以上経ったら金具を取り付けます。
水は切らないで。
 
金具は鉢が割れない程度に締め付けます。
作業中にグラ付くようではNG。
濡れティッシュをワッシャー代りに入れてもいいでしょう。
安定します。

この金具が取っ手になります。



ではセメントを練っていきます。


この段階で1時間以上経った鉢をバケツから引い揚げて濡れぞうきんの上に伏せておきます。


配合

目地セメント:計量カップ1杯
石灰    :計量カップ1/5
水     :20cc
アクリルカラー   :適量 (濃い目がお薦め)

DSC00792.jpg

DSC00798.jpg

石灰を入れるのはセメントにざらつきを持たせて質感を出す為です。



DSC00796.jpg

DSC00794.jpg

全てを投入したら混ぜて下さい。

濃い色を作って下さいね。

1分ほど撹拌した状態
    ↓
DSC00797.jpg

パレットですくっても垂れない状態がGood

カップに広がっているセメントを一隅にまとめておく。




いよいよ塗り上げていきます。

縁の内側から盛り上げ塗り込みます。

DSC00799.jpg

薄ら全体に水が浮いている状態が良い。

画像ではおしりの方が乾きだしていますね。ペケ

もしも、乾いてしまったら、もう一度水にドボン。




DSC00807.jpg

パレットの先でセメントをすくい取ります。

小さじにして8分ほど。




DSC00805.jpg

内側2cmぐらいを目安に
押しつける様に塗り盛っていきます。

塗る前に鉛筆で2cmラインを引いておいてもいいかもです。



DSC00806.jpg

内側を塗り終えました。

息をして下さいね。


このセメントは直ぐには固まらないので、焦らずに作業して下さい。


ブログなど、マクロ撮影の多い多肉業界ではこの内側が一番目立ちます。
また、製作において見落とされる部分でもありますね。
外側はさておき、ココの処理で差が出ます。




 では外側にはいります。

DSC00808.jpg

小さじ8分目ぐらいを取り、

塗る基本として、

奥から手前へ押しつける様に塗って下さい。



DSC00809.jpg

*慣れないうちは外側は4等分して4回塗るつもりでもOK

底まで塗る必要はありません。

底の周囲が塗り終わりました。



次は胴の中ほどを。

DSC00810.jpg

下の部分の時はパレットの先がお尻を向くようにしましたが、
今度は刃先が口を向くように。ここワンポイントアドバイスw



DSC00811.jpg

ここまで出来たら足の部分に着いた余分なセメントは取り去ります。


   さあ、デフォルメします。

初めに、出来あがりのイメージを頭の中で作って下さい。

(浮かばない方は何かを見てイメージを。)

イメージが無い状態で進めても良いものはできません。

漆喰風にするか。縄文土器風にするかw

イメージ、できましたか?


今回はベーシックなフォルムにします。


DSC00812.jpg

鉢の全周を5回で塗る×2~3。

上からナデていき、中ほど、下 と順番に。

先ほども言いましたが「奥から手前へ」そして「なでる」感じです。
デコレーションケーキのアノ感じですね。

かといって、凹凸が欲しいので、
パレットの動きの最後でハネル感じでセメントを立てます。



DSC00813.jpg

奥から手前です。



DSC00814.jpg

こんな感じになります。

「失敗した~」って時は一度平らに慣らして再チャレンジして下さい。



次は一番外の部分です。



DSC00816.jpg

画像では左から塗ってますが、右からの方がいいです。

「奥から手前」です。


DSC00817.jpg

塗り終わったら下の段との段差があります。

これをなだらかにしていきます。

DSC00818.jpg

初めの内は難しいかもしれませんが、せっかく施した凸凹を壊さない様に。



さあ、ここまできたら次で最終段階です。

一番上の「縁」を仕上げに入ります。


DSC00819.jpg

今はこの様な状態ですね。

今までの工程のなかで一番難しい作業になります。

見ての通り、鉢の縁よりセメントが盛りあがっていますね。

その盛りあがったセメントを滑らかになでつけて行くのですが、
もし、「私のは鉢がもっと露出している」 そんな方は、
パレットに少量のセメントを取って塗りつけて下さい。

この作業は左手を轆轤(ロクロ)の様に回しながら進めます。

DSC00821.jpg

これで「リメ鉢製作歩法その1 盛り上げ方」終了です。

お疲れ様でしたw

あとはS字フックを掛けて、邪魔にならず、
日の当らない所で丸一日、日陰乾燥保管して下さい。

慣れてくると所要時間20分もあれば出来あがるでしょう。

この分量で、私は3号鉢を2個作れました。
初めは慣れないかと思い、そして足らなくなったら困るので、
大目に紹介しました。

残ったセメントは流しに絶対流さないで下さい。
パイプ内で固まると大変です。
容器ごと捨てるか、ティッシュで拭きとって捨てて下さい。



誤字脱字、説明不足な点も多々あるかと思いますがご容赦を。



わたしがプロならこんな紹介は同業者からヒンシュクを買うでしょうが、
あくまで素人の自己流ですので「よし」としましょう。

また、みなさんがリメ鉢を作られて、もっと良い方法もあるかとおもいます。
こんな技法ですが、よかったら作ってみて下さい。


次回は
「リメ鉢製作歩法その2 浮き出し方」
の紹介をさせて頂きます。

最終の仕上げになります。

よろしければまた見に来て下さい。  とんかち


最後に、

この技法でプロ・アマ問わず、作って下さってかまいませんが、
画像、内容の転写、複写、配布は固くお断りします。
「知的財産の権利を主張します」
宜しくお願い致します。


  






スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんにちは♪

今日は、お兄ちゃんの入学式に行ってきましたよ~
おめかしして行ったからちょと疲れたぁ~

お~お!素晴らしい説明で写真もあってとっても分かりやす~い!
材料はなんとなく分かってたけど~エッヘン!
分量までちゃんと記載されてて感動した~私なんて目分量だし・・・
次はとんかちさんを見習ってチャレンジしてみよ~と!

はぁ 大変。

こんなに大変なのに、いっぱい頂いてしまった。( ̄0 ̄)/

それなのに、安い。

やっぱり買おう。

作り方は、見るだけにしときます。

オリジナルなのに 太っ腹~。

塗りつけるのたのしそう。 アタシモやってみたいけど。。。
けっこう そろえるんだね~。

梅ちゃんv-55 みる暇もないのかな??

とんかちさん!!
忙しい時にこんな丁寧なリメ鉢の紹介をしてくれるなんて!!
ほんと!太っ腹の男前!!ってコレしか出てこない プー ε=(>ε<)三(>v<)ブッ
有り難うとんかちさん♪(*^∇^*人)

Re: saoriさんへ

ご入学おめでとうございます!

思い返せばどの学年にしろ入学の時は
子供子供してたのが卒業になると大人に近づいてるのよな~
嬉しいようで複雑なw
あの、黒のチャリンコでこれから通うのですね。

saoriさんにとっては今回の記事は「確認」やねwww

「誰にでもわかるように」と、レシピ作ったw
これでまたハンドメイド仲間が増えれば嬉しい。

Re: ヨーコさんへ

こんばんはぁ

いつも「多肉植物の会」ではⒷ-boxesネタ取り上げてもらって
ありがとうございますv-436
嬉しい半面、迷惑をかけないか心配です・・・

そうさw みんながみんな「作る人」じゃないので、
買って下さる方もいるので作り方も紹介できますw

リメ鉢はまし!
おかもちカンはこれどころじゃないほど手間v-12
ロハスまで20日を切ったので、リメ缶製作もしないと間に合わないわ (^_^;)
リメ缶タブローの次の案も浮かんでるんやけど、間に合うか・・・
ま、モノが揃う揃わないでなく、みなさんとお会い出来る楽しみがあるもんね。
それを思うだけでもワクワクするわ~。

Re: るn さんへ

今日、2コメやんw
暇か~~~?(手伝いコイヨw)

リメ缶の次に来るのはリメ鉢かもよw
是非やってみそ。これはハマル!
同じ物が二度と出来ないから病みつきになるよ。

梅ちゃんも見てるで~
あのカタブツオヤジ、どうにかしたいわ。
もっと家族の事も思えよな~v-31

Re: KIKIさんへ

男前・・・だろv-162?w

ちーたーぁ参考になればと思って。
今、木工より、リメカンよりはまりつつあります<リメ鉢
材料もほぼ百均で揃ったし、紹介するにはよかったと。
ビーボクで作ってる材料はまた違うけどね。
できたら「金具」は数個用意してね。
準備はしたけど、一個ずつではね・・・
数個まとめてチャレンジで。
金具は120円ほどでHCで買えます。ナットも忘れずに!

おはようございます♪
 ↑ はい!!有り難うございます!了解です(*^^)v

私、コメントのお返し遅いのでi-201お返事しにきました
あんなお写真で良かったらどう~ぞ!!(*^▽^*)ノ

こんちゃーーーっす!!

いや~♪待ってましてん!このネタ\((♡∀♡))/
興味はあるものの・・・なかなか手をだせない領域で~~~
画像もわっかりやすいし取説を読みたくないお歳頃な私にゃバイブルやーー♪

苦土石灰を混ぜるんやね~ナルホドi-190
その柔軟な脳に乾杯i-281i-189i-270

あ、ちょい前に非公開コメを送った「つもり」やねんけど
もしかせんでも届いてない感じ~?ま、いいか(笑)

↓ローハーでワンポイントレッスン!
意外と面白いかも~~
買い物済ませたら是非観たいぞ(ヲイ!

それと。
↓扇風機みたいなやつ(笑)多分ツル日々草やね~
すみれ。あたいも好きなんだ~~だから?

こんばんは~!
凄いリメ鉢の作り方保存版~~~(@@; ナルホドこうやって乾燥させるんだ!
プリントアウトしてやってみようかななんて・・でもベランダ汚してそれで失敗したりして~★ 
缶に塗りつけるのもアリ?それは又別の方法になるのかしら。
最近のとんかちさんの作品はドンドン進化してますね(^^)

Re: KIKIさんへ

おお!

ヤッタネv-221

いえいえ、私にとってはベストショットv-212ですよ。
 しかもⒷのロゴがよくわかるし イヒヒ

わざわざ了解コメに出向いて下さってあんがっと~~~v-421
近いうちにオパクにいきましゅ~~~v-356

Re: M*s さんへ

あんなんで分って頂けたでっしゃろか~?

「ローハーで実演販売」チャウヤロv-356「ローハーで実演」なwオモロそうやんwヒトゴトカヨ
お昼終わった2時頃からどやろ?

あぁ・・・ニチニチソウかw 裏の空き地にボウボウwwwちっv-414
あのスミレ、ネット「スミレの部屋@(花の写真館)てサイトでお尋ねしたw
  ら、
「フイリシハイスミレ」と言うんだって。 だから?

Re: でこrinさんへ

おひさ~~~

いつも見逃げ~~~ですまねv-436

リメ鉢、興味があったらやってミソ。
童心に帰るよ~。
カンには違う方法になるね~ 下地をしっかり作らないとね<割れ落ちますw

そう、進化し過ぎてそのうち・・・シュパって、燃え尽きるのw
ボケ防止に頑張ってます!オイ


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://bhandmade.blog.fc2.com/tb.php/199-f1c891a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「玉蓮」が咲きました。 «  | BLOG TOP |  » 「庭の花」と「「男前リメ鉢」

本日の名言

地球の名言 -名言集-

FC2カウンター

プロフィール

トンカチ

Author:トンカチ
とんかちのブログへようこそ!
ガーデニング、雑貨等何でも作っちゃえ~ 多肉植物にはまりつつも名前は覚えられずテキトーにやってます。

最新記事

カテゴリ

初めてブログにチャレンジィ~^^ (9)
Tin Pan Alley村 (6)
木工作り (124)
我が家の多肉植物達 (150)
ハオルチア (39)
カン・ブリキ・鉢・リメイクなど (99)
My Garden (20)
日常の事など (92)
男の雑貨 (7)
Photograph (7)
ジオラマ (1)
「エアープランツ生存更新記録」 (1)
みなさんのアレンジ (6)
Event (21)
リメ鉢製作方法 (3)
ネットショップ「Ⓑ-boxes」関連 (35)
ネットショップ「ob23」関連 (30)
ラックを作ってみる (6)
ペイントの加工 「剥げ編」-その1 (3)
JUNK (2)
電傘製作方法 (2)
ステンシル製作 (5)
アクセ (1)
生体サンゴ (1)
ソーサー・ペイント (1)
オークション (12)
多肉植物の仕入れ (32)
オブの葉刺し記録 (4)
レインドロップス等の管理方法 (1)
黒系エケベリア (4)
多肉庵 (9)

月別アーカイブ

お問い合わせなどこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。